40歳からの教科書

40歳から出てくる色んな問題を解決していくブログ

40代男性の転職の現実は?3ヶ月で内定を貰った私の体験談

f:id:natukawa-haruto:20201011163008j:plain

 

 

「40代男性の転職状況って、現実の所どうなの?」と思っている方に、実際に44歳にて転職活動を行った私が、その体験をお伝えします。

 

会社を辞めるのは簡単だけど、次を決めるのは大変ですからね~。しかも40代。転職活動に不安が残るのも良く分かります^^;

 

たぶん私の記事は、他のサイトに書かれているような内容とは少し違うと思いますので、「こんな人もいるんだ」くらいに読んで下さいね。

 

 

 

 

40代の転職活動の現実は難しいのか?

まず、多くの40代の方が考えるであろう「難しいのか?」という問題。これはですね、私の体験からすると

 

全然、難しくない

 

です。もちろん応募した業種や職種によって違うんですけど、転職活動を行っていて思ったのは、結構「売り手市場」だな、と言う事。

 

ただ、40代の方の多くは、それなりの給料を貰っていたり、ある程度の地位にいる人が多いと思います。

 

それと同等の求人を探そうとすると、それは「無理」です^^;当たり前ですけどね。なので、希望する給料を減らし、待遇面を下げれば問題ないと思いますよ。

 

それに、「ある職種」への応募であれば、40代での転職も難しくないと思いますよ。どんな「職種」が内定を貰いやすいかというと、

 

と、その前に、転職活動をした際の私のスペックをご紹介しておきます。

 

私のスペック
  • 年齢等:44歳・男性・関東在住(結構、大きいところ)
  • 最終学歴:高卒(偏差値30位の普通科
  • 転職回数:4回
  • 直近企業の在籍年数:10年
  • 前職の業界:建築
  • 希望年収:500万以上
  • 取得資格:運転免許だけ

 

と、まー、取り柄の無い私です^^;底辺ランクの高卒で、資格は運転免許だけ。笑っちゃいますよね。でも、一応、転職できるんですよね。

 

では、どういった「職種」が転職を成功しやすいのか、お伝えします。

 

40代で転職を成功させやすい「職種」とは

まず、やはり「40代」と言うのは、企業が分からしたらネックだと思います。そりゃそうですね。

 

頭は硬いし、変なプライドはあるし、給料は高くしないといけないし。そんな方を雇うわけだから、当然企業は「即戦力」を求めます。なので、

 

今までと違う業種・職種は、ほぼ無理

 

です。当たり前ですよね。使いづらいおじさんを、1から教えていくのに高い金は払えません。

 

私も1回、職種を変えて応募したことがあったんです。そしたら、あっさり不合格です。面接も出来ませんでした^^;(ただ、コロナの真っ最中だったんですけどね)

 

なので、まず40代で転職を成功させたければ、以前に携わっていた「業種・職種」を攻めましょう。で、どんな職種が良いかというと

 

40代の方が受かりやすいだろう「職種」

これは、あくまでも私個人の見解だけど、40代以降の方が受かりやすい「職種」というのがあると思っています。その職種というのが、

 

品質管理職、もしくは顧客対応職

 

この2つの職種に関しては、若さよりもベテランの「知識」「経験」が重要なため、企業側も40代以降の方を積極的に採用していると思います。

 

特に建築関係の「顧客対応職」は、40代以降じゃないと採用しない企業もあります。(若い方は面接すら出来ない)

 

なので、前職と同じ業界であれば、この2つの職種を攻めてみるのも1つの手ですよ。ベテランじゃ無いと出来ない職種だから、受かりやすいと思います。

 

 

40代以降の面接はフィーリングですよ

もうね、40代以降になると、面接も「フィーリング」ですよね。

 

面接官と「合わないな」と感じたら「こちらから願い下げ」だし、すごく「一緒に仕事したい」と思う方なら、熱く話をするしね。

 

で、フィーリングの合う会社は、だいたい「内定」もしくは「2次面接」まで行けます。気持ちが出ますから。

 

だから、40代以降の方が面接をする時、20代の若い方がするような面接に拘らなくても良いと思いますよ。

 

逆に、40代にもなって20代の方と同じ会話じゃおかしいでしょ^^;自分に自信を持って面接に行きましょう。

 

応募企業の見つけ方

応募企業を見つける時、多くの方は「ハローワーク」「転職サイト」を利用すると思います。

 

私も転職サイトから応募したりもしましたが、1番良いかなと思うのは、

 

自分が行きたいと思う企業のHPに、直接応募する

 

事ですね。やっぱり「自分が行きたい企業」と言うのもあるからか、面接もバチッとハマる気がします。

 

条件だけで見つける転職サイトと違って、何かしら気になっている企業だから、思い入れも違いますからね。

 

もし、今まで転職サイトやハローワークだけで求人を探していたなら、ぜひ、気になる企業へ「直接」応募してみて下さい。

 

補足

直接応募をする際、企業によっては「35歳以下」とか年齢制限が書かれている場合があります。

 

その場合は、「44歳だけど応募は可能でしょうか?」と問い合わせてみて下さい。品質管理職・顧客対応職なら、まず大丈夫と返答がくると思いますよ。

 

まとめ

私が実際に転職活動をしてみて感じたのは、「40代の男性でもそんなに難しくないな」と言う事。

 

私は、転職活動を退職してから始めました。で、退職してから2ヶ月間はのんびりして、3ヶ月で次の就職先を決めたんですね。

 

応募した企業は5社。うち1社は「試しに応募してみるか」程度の所で、案の定、書類すら通らず。

 

他の会社は書類は全て通ったんですが、面接で不合格。その内の1つが「

WEB面接は本当に注意した方が良い」でも書いた通り。WEB面接は難しい^^;

 

それから、大手企業は「SPI試験」というのをやる所があります。勉強が出来ない「おじさん達」は気をつけましょう。

 

私も必死に勉強しましたが、2週間程度覚えられるものでは無かったです^^;

 

ただ、この試験がどの程度採用に響くは分からないので、働きたい企業なら、ドンドン応募してみましょう。きっと、転職先が見つかると思いますよ。