40歳からの教科書

40歳から出てくる色んな問題を解決していくブログ

40代のおじさんにもオススメしたい漫画

f:id:natukawa-haruto:20210328223322j:plain

社会に出始めると漫画から遠ざかってしまって、「全然、漫画を読んでいない」という40代の方達も多いのでは無いでしょうか?

 

私もその中の一人で、社会に出始めてからは、漫画を読むことはほとんど無くなっていました。

 

が、最近、子供達が漫画を買い始めて、一緒に読むようになったんですね。そこで、「面白いな」と思う漫画をご紹介しますので、「たまには何か読んでみようかな」と思っている方は、参考にして下さい。

 

 

 

 

実際に読んでみてハマった漫画

鬼滅の刃

f:id:natukawa-haruto:20210328222936j:plain

 

もう、これは社会現象にまでなっている漫画なので、多くの方が読んでいるかもしれないけど、まだ読んでない方は、ぜひ読んで欲しい漫画ですね。

 

鬼滅の刃」というタイトルと、CM等でやっている内容だけを見ると、「鬼退治」の漫画なのかな、と思うんですが、ちょっと違う面もあるんです。

 

私が鬼滅の刃をおすすめする理由

一見、鬼退治の漫画と思いそうですが、実は「人の心の大切なもの」だったり「今ある日常の大切さ」とかも描かれている漫画なんです。

 

f:id:natukawa-haruto:20210328223445j:plain

 

もし、あなたが仕事に追われ、子育てに疲れ、毎日ストレスばかりを感じているなら、この言葉を思い出して欲しいです。

 

何の変哲も無い毎日が続くことがとても幸せな事だと言う事を。

 

本当に鬼がいた時代があったのかは分かりません。でも、何かに怯えること無く、いつも通りの毎日を送れることは、幸せなことなんですよね。

 

鬼滅の刃は、涙なしでは見られませんからね。家族の前で涙を見せない40代のお父さん達は、一人の時に読んで下さいね(^^)

 

 

SPY×FAMILY

f:id:natukawa-haruto:20210328224225j:plain

この漫画はまだ完結していないんですが、これまた40代のおじさんには興味深い漫画だと思います。

 

知らない方もいると思うので、先にどんな漫画なのかをちょっとお話しすると、

 

SPY×FAMILYのあらすじ

 凄腕のスパイとして生きている主人公。その主人公に『「家族」を持ち、子供をとある学校へ入学させ、そこに在籍する子供の父親と接触すること』と言う指令が出される。

 

急遽「家族を作る事」となった主人公は、孤児院から子供を見つけ、利害が一致する女性と「形だけ」の夫婦となる。

 

しかし、主人公の家族になった子供は「超能力者」、妻は「殺し屋」そして主人公は「スパイ」。

 

決して誰にも言えない「裏の顔」を持つ3人が、偽りの家族生活をスタート。

 

最初は、それぞれの思惑で動いていた家族生活が、だんだんと心に変化をもたらしていく。そんなホームコメディーな漫画です。

 

SPY×FAMILYをおすすめする理由

この漫画は、設定も面白いですが、それぞれのキャラクターがとても良い味を出していて、見入ってしまいます。

 

それに、思惑が違う3人が段々とお互いを思いやり、「家族」を考えるようになっていくストーリーも、どこか目が離せないです。

 

f:id:natukawa-haruto:20210328230836j:plain

 

「大切にしたい」そんな気持ちは、ちょっとした事で思えるんですよね。誰かに認められて、笑って貰えるだけ本当に嬉しいんです。

 

こんな簡単な事も、40年も生きていると段々と忘れていくんですよね。あなたは、誰かのために何かしていますか?

 

番外編

40代だからこそ共感できるコメディー漫画

次にご紹介する漫画は、ちょっと趣向が違う完全なコメディー漫画なんですが、40代だからこそ共感できるかもしれないです。

 

その漫画とは、

 

ハゲしいな桜井くん

f:id:natukawa-haruto:20210328231726j:plain

 

この漫画は「若ハゲ」を題材にした漫画なんだけど、ものすごく面白い!ハゲなりの悩みや努力をして恋もして。

 

髪の毛の悩みを持っている40代の方達に、一緒に笑い飛ばして欲しいなと思ってご紹介しました。

 

まとめ

40代ともなると、社会の波に揉まれて「大切なもの」を見失っちゃう事があると思うんです。

 

ご紹介した2冊は、そんな「忘れている事」を思い出させてくれます。明日がくる幸せ。無くしたくないと思える場所。

 

40代の私たちは、まだ人生の半分です。本当に大切な事を見失わずに、幸せに生きていきたいですね。